光キーボードを使ってみよう

手元に、CASIOの光キーボード、LK-205があります。 以前は、パソコンのUSBポートからMIDIファイルを送って、キーボードを光らせていました。
今度は、SDカードにMIDIファイルを入れて、キーボードを光らせてみようと考察します。キーボードが光るのは、チャンネル3とチャンネル4です。 これを設定できるアプリケーションソフトを使います。

Dominoを使ってチャンネルを設定

MIDI音楽編集ソフトといわれるもの
フリーソフトもあります
今回は、フリーソフト「Domino」を使った。作者に感謝!!
Domino の原本はここをクリック http://takabosoft.com/domino/


Domino の標準的な画面

ダウンロードしたファイルを解凍し、必要なら説明書を印刷します。50ページを超える丁寧な使いかたの説明書です。しかし、これは、Domino の使い方ですので、楽器のキーボードとの接続方法は詳しくはありません。
当たり前ですが、楽器の取扱説明書もキーボードの使い方の説明で、パソコンとの接続方法は簡単にしか記載がありません。 ネットで調べても詳しいページはありませんでした。

Dominoでチャンネルを設定する


Dominoを起動し、MIDIファイルを画面にドラッグドロップします。
こんな画面がでて、ファイルが読み込まれます。
左の青枠内に、Ch.01と表示があります。これを03もしくは04とすればよいのです。
左の青枠内で、マウスの右クリック。「トラックのプロパティ」をクリック。
「トラックのプロパティ」でチャンネルを3に設定。2番目を4に設定。
チャンネルの設定が変更されました。
Temp の変更。曲のテンポの変更は、赤枠1の縦の枠を右に動かして Conductor の部分を表示させます。赤枠2の Temp をクリックすると別の画面で変更が可能です。

SMFファイルの書き出し

SMFファイル書き出し(標準MIDIファイルの書き出し)を実行。
名前を付けて保存を実行。このファイルをSDカードに保存します。

光キーボードで演奏

SDカードを差し込み、「カード」を点灯させる。演奏/停止ボタンで演奏を開始します。
曲頭にカウントがあります。光でガイドされます。

荒城の月
file_a5.pdf (右クリック、対象をファイルに保存) 35KB
kojounotukid.mid (右クリック、対象をファイルに保存) 4KB

蛇足 ・ CTK-6250での表示

SDカードに保存したファイルは、CASIO CTK-6250では、ポートBのチャンネル3と4と表示されます。同じファイルが使えます。