既設のネットへ新規PCを追加する

新しいPCを増設するとネットに接続する必要があります。
さてどうやって接続したかな?、と悩みます。あんちょこを探し出そうとするも見つかりません。で、記憶を頼りに実行するもうまくいきません。そんな時のメモです。 しかし、この頁を閲覧するには、ネットに接続せねばなど、また、悩みがあります。 既設のPCでこの頁を印刷して、実行しましょう。

ネットの概略図

この頁の解説は、既設のPCがネットにすでに接続されて稼動していて、 新規のPCを同じネットに接続する時の設定方法を説明しています。
この例は、NTTとADSL回線の契約をしていて、全く別のプロバイダーとインターネット契約をしています。

必要な資料・方法

インターネットに接続するには、通常、回線とプロバイダーと2箇所に契約する必要があります。新規のPCには、前者の設定は不要で、後者のプロバイダーとの契約を設定します。
回線を契約すると、設定用のCD−ROMが送られてきます。これをインストールすると長時間拘束され、読むのに苦労したり、せっかくうまく接続できたのに、バージョンアップをしろなど、うるさいことも生じます。これを回避する方法は、OSに標準で付属する方法を選択するのが簡単で最良です。

■  必要な資料:プロバイダーから送られて来た資料
1.アクセスカウント、もしくは、ユーザID
2.パスワード

■  設定の方法
広帯域接続:PPPoEを使用します 詳細は次項

広帯域接続:PPPoEの設定方法

コントロールパネル、インターネットオプション、接続、を開く
   もしくは
IEを起動して、ツール、インターネットオプション、接続、を開く

設定_1
ダイヤルアップと・・・・の abc.net は設定のあとで表示されます

「セットアップ」をクリック

設定_1

「次へ」をクリック

設定_1

赤丸を選択して、「次へ」をクリック

設定_1

赤丸を選択して、「次へ」をクリック

設定_1

赤丸を選択して、「次へ」をクリック

設定_1

接続名を設定します。この名前がアイコンに表示されます、「次へ」をクリック

設定_1

プロバイダーから送られた、ユーザー名とパスワードを入力します
個人専用のPCならば、赤丸の箇所も選択します

設定_1

赤丸を選択して、「完了」をクリックします
ディスクトップに、「abc.net」と表示されたアイコンが追加されます。 それをクリックするとインターネットに接続されます。うまく接続されなかったら再度試行します。