掛時計を電波時計にする

29.10.07

随分昔、30年くらい前に、引越し祝いに掛け時計を知人からいただいた。 ここ1年位、電池の消耗がひどく、長持ちをしなくなった。そろそろ寿命かと処分も考えたが、知人の好意を捨て去るようでどうすべきか悩んでいた。 外観が木製で綺麗なので、外観を生かし、 時計の機構部の天地をひっくり返したら、すり減った軸受けも何とかなるかと、試行錯誤してみたが、これも電池の使用時間は1か月くらいしか持たなかった。
先日、時計のムーブメントが市販されていることを知り、電波時計に組み替えました。
画像左:表面、処分するには綺麗なので惜しい、画像右:裏側、機構部の上下を逆に。

部品を購入

製造:株式会社 誠時(せいじ)
左:専用針(SH-27BK)。  右:電波時計ムーブメント(MRC-300)。  378+2160=¥2,538-

部品を開梱


購入したもの。黒1色です。

今までのもの。飾りもあって綺麗です。

購入したものの分針が長すぎます。購入時に、爪切りで切れますと聞いていたので はさみで短縮。アルミニウムです。ぶつからない長さに切り、先も修正。

部品を取り付け

元の時計を解体し、ムーブメントと針を撤去。新しいものを、付属した説明書に従って取り付けます。電池を入れると針が動作し、しばらくすると時間が合いました。 木枠に取り付け、柱に固定して完成です。
左図:仮組みして動作を確認。右図:完成です。運針の音がまったく聞こえません。静かです。

取り付け方法を知りたい方へ、取扱い説明書、全4頁 この部分を印刷.pdf


P1

P2

P3

P4