NEC VersaPro VB  SDをEドライブに

25.02.01

このパソコンには、SSDが搭載されている。しかし、その容量は62GBであり、 Cドライブ、Dドライブ、D2Dの隠しドライブイと3個のドライブが設定されている。
なんとかしてDドライブを作成したが、10GBでは心もとない。幸いにも、SDカードスロットがあり、カードを差し込んでも、面一で出っ張りがない。そこで、4GBのマイクロSDをアダプターにいれEドライブとして使ってみた。
容量は小さいが、ディスクトップ機のデータを移動するときに、USBメモリーを使わずに、そのカードで行えば、簡単であり、使い勝手がよいとなりました。 使っているうちに、そのカードの容量の大きいものをEドライブとして専用にすればとひらめき、今度は32GBのSDカードを手に入れました。
そのときに、SDカードと共に、USBメモリーも手に入れたので、速度は如何?と調べた結果の報告です。

現用と交換後 ・ Eドライブ


左側の2枚は、現用のCドライブ、現用のDドライブ、 前ページのデータといくらか違います。誤差の範囲です。
右側の上2枚は、現用のEドライブ:マイクロSDカード4GBをSDカードアダプターに差し込んで使用。
右側の下2枚は、これから使われるSDカード32GBです。
右端の上下は、共にSDカードですが、随分違いますね。
上は、Transcend microSDHC CLASS 10 20MB/s 133x 4GB
下は、SanDisk Ultra SDHC CLASS 10 30MB/s 200x 32GB
この32GBのSDカードを、Eドライブとして使うことにしました。

現用のUSBメモリーと新規購入したUSBメモリー比較


比較のために、少し古いタイプも調査。左端から、クルーソー256MB、 クルーソー512MB、HP8GB


マイクロSDとアダプター、 トラセンド2GB(新規購入)、 内蔵RAMメモリー

クルーソーは10年以上前の購入ですが、まだまだ健在のようです。
HP8GBは、速度が速いものを手に入れたのだが、トラセンド2GB(新規購入)と性能は同じようで、手に入れやすい価格になりましたね。内蔵RAMメモリーのデータはおまけです。
マイクロSDとアダプターは、ページ上部のEドライブの変更前のものとマイクロSDは同一です。USBアダプターとSDアダプターでは速度が違い、SDアダプターのほうが早いということを証明しました。