NEC VersaPro VB   SSDを240GBに変更してテスト

24.12.25

搭載されているSSDの容量が小さいので、容量の大きなものに乗せ換えることにした。
240GBというSSDを手に入れ、取替えたのだが、read500MB/Sという速度は出なかった。 パソコンの性能をよく調べずに、HDDのみを載せ変えても所望の速度は出なかった。
気になったので、その240GBのSSDをディスクトップに接続してデータを取った。正確にデータを取るには、起動ドライブにする必要がある。 その結果、 このSSD240GBはディスクトップ機に内蔵され、ノートパソコンには戻らなかった。と言う、いきさつのお話です。

ノートパソコンでのテスト

テストしたドライブ・外観・仕様・規格

仕様・左から
SSD62GB
初期内蔵
東芝製・型式:THNSNB062GMSJ 62.0GB
SATA 3Gbps Read:180MB/s Write:70MB/s
HDD80GB
 
日立製・型式:HTE541680J9SA00 80.0GB
SATA 5400rpm 8MB
SSD240GB
 
intel・型式:SSDSC2CT240A4 240GB (335Series)
SATA 6Gbps Read:450MB/s Write:500MB/s
メモリー
 
型式:DDR3 PC3-8500 CL7 4GBx2=8GB
RAM disk として使用は 4.4GB

SSD62GB 初期内蔵のクローンを HDD80GB SSD240GB に作成して、それぞれを接続しなおしてテストを実行、データを収集。
使用したソフト:CrystalDiskMark, CrystalDiskInfo, bootracer
起動時間を調べる bootracer の時間は、少し短く、ストップウォッチでの時間より、10秒位短いです。そのため実際の時間は、表示に10秒を加算した数値が安定した時間です。実時間を青文字で記します。

テストした・SSD62GB


SATA 3Gbps Read:180MB/s Write:70MB/s まあまあですね


こちらの表示では、SATA/300とある。つまりポートでは300MB/Sです


電源ONからディスクトップ表示まで35秒です。  実時間 35 + 10 = 45s

テストした・HDD80GB


5400rpm ですから、少し遅いですね


こちらの表示では、SATA/150とある。つまりポートでは150MB/Sです


電源ONからディスクトップ表示まで51秒です。  実時間 51 + 10 = 61s

テストした・SSD240GB


SATA 6Gbps Read:450MB/s Write:500MB/s 残念ながら速度が出ません


こちらの表示では、SATA/300とある。つまりポートでは300MB/Sです


電源ONからディスクトップ表示まで32秒です。SSD62GB より少しよいです。  実時間 32 + 10 = 42s

テストした・RAMDISK4.4GB おまけです


DDR3 PC3-8500 CL7 4GB メモリバス800MHz デュアルチャンネル対応 1600MHzかな

テストした・4点を再掲載



左から、SSD62GB、HDD80GB、SSD240GB、RAMDISK4.4GB

さて、SSD240を内蔵して使うとすると、機能が生かせず宝の持ち腐れになりそうです。
また、外したSSD62GBの有効活用をどうしようかと、悩みが増えます。
結局、SSD62GBはこのまま使われることになり、SSD240GBはディスクトップ機に内蔵されました。