DELL Optiplex 790 ・ SSD、HDD入替

29.01.05

SSDやHDDを組み替えて変更した経過の報告です。
今まで、Win8とWin7を起動ドライブで切り替えていたのだが、HDDでのWin7の動作が重かったので、これもSSD化することにした。 結局、ドライブは2台から3台になった。
その後、SSDドライブは2台になり、SSD1:OS・Win8のみ、SSD2:OS・Win7、データファイル、と組み替えられた。
その後の変更で、DVDを交換、内蔵DACスピーカー除去して、アンプ内蔵スピーカーに変更しました。

その1 今までの構成


左:SSD:256GB         右:HDD:500GB

SSD、HDDの状態
BIOS ポート ポート0ポート1
SSD,HDD SSD,256GB HDD,500GB
Windows8 動作時 起動,C:OSE:待機,100GBD:データ,400GB
Windows7 動作時 E:待機起動,C:OS,100GBD:データ,400GB

パソコンの通常の起動時には、自動でポート0,Windows8が起動します。
電源オン時に、起動ドライブをポート1に変更すれば、Windows7が起動します。しかし、HDDなので起動も動作も少しもたつきます。HDDは。100GBと400GBに分割。

その2 次の状態


左:SSD1:256GB    中:SSD2:62GB    右:HDD:500GB

SSD、HDDの状態
BIOS ポート ポート0ポート1ポート2
SSD,HDD SSD1,256GB SSD2,62GB HDD,500GB
Windows8 動作時 起動,C:OSE:待機D:データ
Windows7 動作時 E:待機起動,C:OSD:データ

パソコンの通常の起動時には、自動でポート0,Windows8が起動します。
電源オン時に、起動ドライブをポート1に変更すれば、Windows7が起動します。 ポート1もSSDなので、起動も動作も軽快になりました。

その3 HDDをSSDに入替

29.02.18

その後、長時間ファイル作成作業をして、保存する時にHDDの回転が上昇するまで待つらしい時間が気になったので、DドライブもSSD化する事にした。


左:SSD1:256GB    中:SSD2:62GB    右:SSD3:256GB
ドライブを、それぞれ取り付け枠に入れて撮影。

SSD、HDDの状態
BIOS ポート ポート0ポート1ポート2
SSD,HDD SSD1,256GB SSD2,62GB SSD3,256GB
Windows8 動作時 起動,C:OSE:待機D:データ
Windows7 動作時 E:待機起動,C:OSD:データ

パソコンの通常の起動時には、自動でポート0,Windows8が起動します。
電源オン時に、起動ドライブをポート1に変更すれば、Windows7が起動します。
HDDがなくなったので、回転音はFANのみになり、動作音が静かになりました。

その4 SSD2台に変更、CPUファンの掃除

29.08.18

その後、前項のSSD1をCrucialに、SSD2とSSD3をまとめてSAMSUNGに変更しました。黄色○は後述。


左:SSD1:Crucial、240GB    右:SSD2:SAMSUNG、250GB

29.12.08

黄色○の話。突然、騒音が出るようになった。 多分、また、FANに埃がたまったのだろうと側面を開けて掃除をした。左図の掃除機に付属するアタッチメントのブラシをCPUファンに押し付け、ごみを吸い取ります。黄色○の箇所。周囲のごみも吸い取り手当てが終了しました。組み立てて静かになったことを確認。完成です。以前の記事を読むと、2年くらい前に掃除をしています。2年ごとに掃除をすべきが正解のようですね。

その5 DVD交換、Media Card Reader除去、アンプ内蔵スピーカ

30.08.07

その後、DVDドライブの調子が悪くなり、書き込みの不良が出るようになったので交換することに、一緒にメディアカードリーダーも劣化したらしいので除去。
内蔵のDACスピーカーシステムも除去して、メディアカードリーダーの箇所に、アンプ内蔵スピーカーシステムを組み込んだ。左:今まで、右:変更後。 その後、このシステムでは音量が不足なのが判明、別の方法を考察。

これは、今まで使っていた内蔵の USB DAC スピーカーです。入れ替えたスピーカーシステムの音量が不足しているので、この回路と入れ替えることに。 画像はスピーカーと内蔵の回路基板、右端2枚は後面から撮影。

左:入れ替えた DAC システム基板。 右:今までのアナログアンプ。

DACスピーカーを除去。メディアカードリーダーを除去、 DACアンプ内蔵スピーカーシステムに交換、組込み。
SSD1を上に移動。下のSSD2は変わらず。少し風通しがよくなったか。

DACスピーカー用のパソコンの設定  USBDAC内臓から再掲載


左:コントロールパネル、サウンドを開きます。 スピーカー、USBと表示がでていれば認識をしています。表示がない場合は点検もしくは、パソコンを再起動します。右下のプロパティをクリック。
右:音の明瞭化などの設定をすると、今までとは違った音色を楽しめます。