5D_「LED電球」 製作

白色LEDを使った懐中電灯や、電球の代替が売られています。
しかしながらこれらの機種の大部分は、使用時間が永くなると、 電池電圧の低下で明るさも落ちます。
まだ点灯するから良いやなどと使っていると、 探し物が出来ないくらい暗くなったり、最初は明るくすぐに暗くなったり、 電池の交換時期に悩みます。

白色LEDを使って電球の代替を考察し、 長時間同じ明るさを保つように電子回路を内蔵しました。
回路図と性能を公開します。 これらは、使用電圧範囲で同じ明るさを保ちます。
また、懐中電灯、携帯電灯の電池電圧が6〜4.5Vで使えます。 つまり電池電圧を選びません。マンガン、アルカリ、ニッカド、ニッケル水素電池、 などどれでも使えます。白色LEDの動作電圧の3.5Vより高ければ点灯します。

白色LED電球・5Φ

定格
使用電圧:6〜4.5V
必要電流:18〜22mA
LED
白色LED:5Φ1個
定電流電子回路内蔵
150Lux(25cm)
型番
WL-51(+)
型番
WL-51(−)

白色LED電球・10Φ

定格
使用電圧:6〜4.5V
必要電流:25〜30mA
LED
白色LED:10Φ1個
定電流電子回路内蔵
480Lux(25cm)
型番
WL-10(+)
型番
WL-10(−)

白色LED電球・3Φ4個

定格
使用電圧:6〜4.5V
必要電流:50〜60mA
LED
白色LED:3Φ4個
定電流電子回路内蔵
280Lux(25cm)
型番
WL-34(+)
型番
WL-34(−)

動作を確認した市販の懐中電灯

画像上から
製造メーカー、販売店
白色LED、適応品番
マグライト
D4
単一4本
WL−34(+)(最適)
WL−10(+)(焦点良好)
100円ショップ
29−032
単一3本
WL−34(+)(最適・50H)
WL−10(+)(良好・100H)
WL−51(+)(お勧め・150H)
OHM
KJ−2
単一4本
WL−34(+)(最適・200H)
WL−10(+)(良好・400H)
東芝(防水型)
K−243
単三4本
WL−34(−)(最適・25H)
WL−10(−)(良好・50H)
水中での明るさは不明です
100円ショップ
自転車ライト
NO.67
単三4本
WL−10(−)(最適・50H)
WL−34(−)(良好・25H)
道路を照らすのは難しいです
視認性のみが有効です
(H)内の数値は稼働時間の目安です
電球口金はピリケン球13.5Φのみです