4B_単四4本の携帯電話充電器にLED1個を追加

単四電池が4本入る充電器に、 スイッチとLEDが内蔵されているものが100円均一店で売られていた。 多分、回路は抵抗器1本でしょうと考えながら購入。 定電流回路を組み込んで長時間使用に変更、充電池回路は削除を考察。 厚みが15mmですので、胸ポケットに入ります。 画像は完成後のものです。
発光がスポットだったのでデータとしてはよい結果です。 0.21W、400lux/25cm、60グラム

画像左から、点灯です。スイッチは押している間点灯です。中は:中の様子。抵抗器の代わりにFET、TR、抵抗器を使い、定電流回路に変更。右は:不要となった充電器のソケット部分。

回路図など

使用部品
Q1:2SK30、R1:472Ω、Q2:2SD592、 LED1:付属していたもの、スイッチ:付属していたものを使った。
動作原理
FET:Q1と抵抗器:R1で定電流回路を作り、この電流をiとし、 TR:Q2のベースに加える。TRの増幅率をhfeとすると、 TRのコレクタに流れ込む電流Iは、I=i × hfeとなる。 電流値の調整はR1で行う。
設計値
電圧6V、LED電流35mA、 オーバー電流ですがトグルスイッチではないのでよしとします。
測定値
6V〜4Vまで:LED電流37mA、3.6V:30mA
明るさは、400Lux(25cm)でした。