Windows 10 正規版をダウンロード インストール  断念

28.04.09
Windows 10 にアップグレードせよと、マイクロソフトから通達があります。
使用中のOSのみをインストールして、windows10にアップグレードして動作するかの実験です。しかし、半日を要して、駄目でした。
その後、気を取り直して、ダウンロードしたファイルを調べ、DVDに書き込み、 DVDから setup を実行。
完成しましたが、調子が悪く。別の方法も実行したが、それも失敗。結局断念。
原因は、本機は当初、Vistaがインストールしてあった。それにWin7をインストールして使っていた。つまり、機器がWindows10に対応していませんでした。

Windows7をDVDからインストール

空の80GBのHDDを用意し、Windows 7をインストールします。 つまり、このパソコンにはOSしか入っていません。

DVDから起動してインストールします。

ネットに接続し、アップグレードを行います。 「Windows 10 をダウンロードしています」となり、 ここから随分待たされます。

その後、「更新プログラムのダウンロードをしています」の画面で、3時間またされます。余りの長時間にしびれを切らして、止めようとするもなかなか止まりません。やむを得ず、CTRL+ALT+DELを押します。
このソフトは 「応答していません」と表示されます。3時間は何だったのだろう?

追試行 Windows10 完成

パソコンを再起動して調べます。
今までになかったフォルダー「ESD」が作成されています。

「ESD」を開いてみると、Windows 10 のファイルのようです。
このファイルをDVDに書き込みます。DVDの setup をクリックします。

準備中の文字がでて、ファイルを展開しています。

幾らか設定をしてインストールが始まります。

その後、時間を要して、Windows 10のインストールが終わりました。
認証も終わり、完成です。 しかし、動作をさせてみると、なんだかおかしい。少しもたつく。 電源断に時間を要します。

再試行 ・ 失敗 ・ 中止 ・ 断念


上図は、左から、SSD62GB、HDD80GB、SSD240GB(現用)です。

動作がおかしいので、再試行することに。
最初に、別の機器で、DVDに直接焼きこむ、Windows10-32をダウンロード。 DVDを作ります。
初めに、HDD80GBにインストール。起動が遅い、終了も遅い。
次に、SSD62GBにインストール、起動は幾らか早いが、 終了はコマンドが動いているのか不明なので何回か実行、随分時間を要す。

気になったので、ネットで調べる。当初、Vistaがインストールしてあったこの機器は、windows10には対応していません。とさ!!中止断念です。 早まって、現用のSSD240GBで実行しなくてよかった。