新手の振り込め詐欺師からの電話

先日、新手の振込め詐欺と言われている、「税金の還付」と言う電話があった。
これは、コンビニエンスストアを使った方法らしく、金を送ると、その金と税金の還付金とを全部、返しますという話です。通常、税金の還付には、手数料は不要です。
よく考えた電話ですが、穴がいくつかありますので、考えながら電話の受け答えをしましょう。
以下にその内容と、つじつまの合わない部分を記しました。

電話の応答

18年10月27日 15時ごろの電話、(小:小生、詐:詐欺師)
 
  ルルル、(ヒツウチ)
小「もしもし」
詐「もしもし、小泉さんですか」
小「はい」
詐「伸三さん、いらしゃいますか」
小「はい、私です」
詐「国税庁ですが、税金の還付があります、16年度分で金額は48000円です」
小「あ、そうですか」
詐「近くにコンビニありますか?」
小「ありますよ、国税庁がこんな事で電話をしますか?」
詐「今回は特別です」
小「あ、そうですか。ところで、そこの電話番号と所属と名前は?」
詐「いいですか言いますよ。電話 03−3221−1800、
  経理部経理課、 高橋です」
小「もしもし、もう一度言ってください」
詐「・・・、ガチャン」
  切れました。
 

つじつまの合わない問題点

ここで色々なことを考えながら電話の受け答えをしています。
 
1.役所が電話番号非通知で電話をすることはありえない。
  役所から、時々電話はあるが、番号を表示している。
2.とった電話は、税金の申告書に記載した番号と違う電話番号である。
  個人宛なら税金の申告書に記載してある、別の番号に連絡が
  あるはずである。
3.官庁から直接税金の還付の知らせがあることはありえない。
  過去に何度かあったが、この件で書類を送りますので、必要な
  事項を記入して、送り返してくださいというものだった。
4.税金の還付にコンビニエンスストアを指定することはありえない。
  銀行を使うはずで、電話で、口座番号を聞く事は絶対にありえない。
5.税務当局の職員は、例えば、国税第三課所得税係、国税調査官、高橋
  純一、と言うはずで、経理課などありえない。
6.自分が納税した金額と照らし合わせると、還付金の金額が多すぎる。
  こんなに多くの金額が生じる筈がない。一昨年がそれなら、別の年度も
  あるはずだ。
7.個人情報の問題がある案件なのに、電話の主の声は20才位だ。
  役所では、まだ駆け出しで、この様な案件を任せる筈がない。
  普通、この様な問題で電話をする役所の係りは、相当の経験を要するので
  40歳以上のことが多い。
 
ご自分の所へ電話がきたら、よく考えながら受け答えをしましょう。
 

実際の還付金の話は書面で行われます

1.役所は最初に、書類の送り先を電話で確認してきます。
     内容は、「還付金の口座振込みの依頼書」の送り先です。
     下図は送られてきた書類です。当方は必要事項を書き込み投函します。

2.上記の振込み先へ、国税還付金が振り込まれたと通知がきます。
     下図は送られてきた書類です。

このように、役所は、必ず書類を必要とします。
おかしい電話がかかってきたら、書類をお送りくださいと依頼しましょう。