100_総括・集大成・常夜灯

2020.02.15
白色LEDを楽しんでいろいろな電子工作をしてきました。
しかし、使用中のものでよかったもの、実用になったものは、常夜灯でした。
このページは、今まで作ったものを、見本として、常夜灯用に組み替え実用としているものを列挙いたします。

100A 単一1本型

原本の場所、リンク先
7F_常夜灯、単一電池一本を考察する


外観と回路図です。
これは完成した基板です。

組み立てる前に回路の動作を確認し、R2の両端が、0.001V、つまり動作電流、1mAを確認してから、組み立てましょう。



100円均一店で、単一2本の懐中電灯を購入。 単一電池を1本使い、もう1本の方にダミーを入れ、そのダミーの中に 回路基板を組み込みます。さてどうなるかな?

ダミーのケースは、単三電池を単一電池に変換するケースを使います。 その中に回路基板を入れ、奥の電池とぶつかる側を回路の+側にします。
ダミーのケースの+側はLEDと接触するので、回路のLED出力を接続します。 画像では、構成したものと、ダミーケースを並べました。

反射板の部分です。ソケットにはLEDを直接半田付けします。右端のキャップをねじ込んで完成です。

回路のマイナス側は、懐中電灯の中のスイッチ部分に半田付けします。
単一電池、ダミー、を入れ、反射鏡の部分をねじ込んで完成です。



点灯すると、反射鏡がきれいに光ります。電流は1mA前後ですので、まぶしくはありませんが、常夜灯としては明るいです。

回路図


最上段の回路図を再掲載。

組み立てる前に回路の動作を確認し、R2の両端が、0.001V、つまり動作電流、1mAを確認してから、組み立てましょう。